離乳食の効果的な用意の方法

赤ちゃんが5か月か6か月になると離乳食を開始する時期です。大人の食べ物に関心をもってよだれをたらーっと出したり、口を動かして食べているような動作をするようになればはじめ時です。

これはもしも食べ物に対してアレルギーが見られたときに、すぐに病院へ行くことができるようにです。

初めて食べさせる離乳食は10倍粥を十分にすりつぶした状態のものをこさじ1与えるようにして下さい。仮にちゃんと食べれたときは3日ずつ程度を目安にするようにして、食べさせる量をこさじ1ずつ多くしてください。

離乳食を開始してから10日程度を目安に次はすりつぶした野菜を食べさせてみましょう。10倍粥とはお米と水の割合を1対10で炊いたもののことです。お鍋でことこと煮て作ってもよいですが、電子レンジや炊飯器で簡単に作ることができるアイテムもあるので、それらの商品を使ってみるのもよいでしょう。離乳食初期の頃に食べさせる野菜としては大根やにんじん、カボチャなどがよいでしょう。

これ以外にもブロッコリーに玉ねぎ、キャベツ、トマトなども食べることができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>