中期の離乳食について

さらに卵もあげることができるように達するのですが、卵においてはアレルギーの心配の高い食材だと言えるため食べさせるときにはしっかりと注意が不可欠だと言えます。

離乳食初期の時期に摂る食品はお粥またはパン粥といった主食にミネラル類に分類されている野菜か豆腐、肉や魚などのたんぱく質を多く含む食材のセットが基本でした。
ですので、ミルクあるいは母乳は赤ちゃんが欲しがる分だけあげるようにすることが大切です。離乳食中期という名前で呼ばれる時期になると摂取可能な食べ物も増加してきます。初めて卵を試すときは、しっかりと固ゆでした卵の黄身をおおよそこさじ1ほど与えましょう。支障がないようであれば、食べさせる量を何日か毎に多くしましょう。
そのおかげでドロドロ液状だったお粥などをだんだんと粒を残すようにステップアップさせます。

固さの基準はプリンくらいで簡単に指でつぶせる状態が基準となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>